【心が疲れた時の対処法】休むためには心の掃除で毒を出す

心の悩み

こんにちは。

心が疲れた時、人生に疲れたとき、まずは、徹底的に休むことが大事です。

とにかく身体も心も休ませてあげ、好きな場所で、自分が食べたいものを食べさせてあげてください。

理想は、起き上がって何かをする気力が戻るまで、一日中寝て休むことです。

 

しかし、仕事や学校などでそこまで徹底的に休むことは難しいですよね。

そんなときは、心から毒を少なくしていってください。

今回のブログ記事では、心が疲れた時の対処法として、「毒出し」とは何か、ということについて、具体例と共に、詳しく解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

【心が疲れた時】本来自分が求めていない毒の情報が疲れの原因

心が疲れた時は、何が原因となっているのでしょうか?

それはもしかしたら、毒の情報に多くさらされているからかもしれません。

 

まず、自分が本来、求めていない情報は毒に当たります。

これらは、自分の心に不安感や恐怖感が植え付けられるため、うつ病のときはなるべく触れないでください。

心が疲れた時は、特に注意です。無意識的にでも、ストレスを感じているはずです。

 

以下は、私がうつ病だったときに気を付けていた情報です。

毒素のある情報というのは、人それぞれですので、ご参考までに。

 

凶悪犯罪や重大事件・重大事故は心を疲れさせる

ニュースなどで日常的に取り上げられるので、身近な事に感じられるかもしれませんが、実際には滅多にないことです。

そのため、必要以上に不安感を植え付けられることになりますので、テレビのニュースや新聞は、観ないようにしていました。

 

ホラー映画も心の毒

刺激にはなりますが、いうまでもなく心の深部に恐怖感を植え付けられますので、良いことはありません。絶対に見ないでください。

これと関連づけて、映画は気分転換に最適ですが、様々な思想が入り混じった物ですので、うつ病だったときは、慎重に選んで観ていました

 

週刊誌の中吊り広告も毒情報

かつてはよく電車内で暇つぶしに何気なく読んでいた中吊り広告。働いていたときは週刊誌もよく見ていました。

しかし、これらの広告や雑誌(特に週刊誌)は、刺激が強く、また毒素が非常に強いものですので、毒出しを初めてからは、最も気を付けて目に入れない様にしていました。

 

スマホのニュースアプリを見ていると、ネガティブなニュース(犯罪、芸能界の噂話、政治等)が目に飛び込んできます。

ネットで知りたかった情報を探していたところ、いつの間にか関係のない掲示板に辿り着いていた、ということがよくあります。

心が疲れているときにこそ、毒のある情報に注意してあげましょう。

 

【心が疲れた時の対処法】毒のある情報から自分の心を守る

心が疲れた時の対処法は、毒の情報から自分を守ることです。

 

これらの毒情報から、自分の心を守るため、私は、

  • テレビのアンテナケーブルを抜いて、家から無くした(これならテレビは見れないですが、DVDは観れるのでオススメです。でもやっぱり見たくなって、新しいのを2回ほど買ってしまったことがあります)
  • ガラケーに変えた(ガラホであれば、ガラケーよりは機能がスマホに近く、かつ、スマホよりも操作しにくい点で抑止力になります)
  • 電車内では、必要以上にキョロキョロしない(毒のある広告や、毒のある何気ない周囲の人の言動に注意を向けない訓練をしていました)
  • 書店では買う予定だったものだけを買って、残りの本棚は素通りする(表紙だけでも毒や刺激が強い雑誌や本がたくさんあります。それらは「読もう」としなくても頭の中にはインプットされてしまっているのです)

という対処法をとりました。

 

習慣になってしまっている、夕飯以降テレビを見る・寝るまでスマホをいじる・週刊誌や新聞の購入などを変えるには、とても苦労しました。

つい、やってしまうからです。

そこで、やろうとしても出来ないように、自分なりに工夫していました。

何度出来なくても大丈夫。気づいたときに、やってみることが大切です。

 

これらの情報は、毒出しが済んで心が充分に休まり、自分に自信がもてるようになったあとは、心に影響がないため、取り入れても大丈夫です。

しかし、うつ病で心が休まらず、苦しいときは、極力、避けてあげてください。

 

脳はそれを刺激として欲するかもしれません。習慣になってしまっていることを変える(テレビを見ないようにする等)のはとても努力のいることかもしれません。

しかし、心はそれをはっきりと「毒」だと認識しています。

心はそれらの毒によって、確実に影響を受けてしまっています

そのことに気づき、毒出しを始めてから、私のうつ状態は格段に改善していきました。

 

やれることから、少しずつで良いのです。

これらの情報から、ご自分の心を守ってあげてください

人とのコミュニケーションも心を疲れさせる

人とのやり取りにおいても、毒をたくさん受けて心が疲れます。

 

人の発言や思想も毒になり得ます。

悪意ある発言(直接的な否定的発言や「あいつうざいよね」といった人の悪口等)や、他人のふとした発言も対象になります。

 

例えば、

  • 「(引きこもりの人に対して)甘えてるんじゃないの」
  • 「〇〇は負け組」(ここには、働けない奴・不細工・貧乏といった言葉が入ります)
  • 「(ガンなどの)病気で死にそうな人がたくさんいる。(自分から)死にたいなんていう奴はけしからん」

といった、その人独自の人生観に基づいた、あるいは植え付けられた思想によるネガティブな発言です。

 

一緒にいる他人の発言は、突発的であり自分からは避けられないですよね。

毒だからといって、それらを完全になくすことはできないと思います。

そこで、心が疲れているときは、毒のある考え方をしていてネガティブな発言が多い人とは極力、関わらない・真に受けないことが大切です。

 

自分の心から毒が抜けていくにつれ、自然と、あなたにとって毒の少ない人が周りに集まってきます。

また、自分の味方になれると、友人もできるようになります。

(友人作りに関しては、こちらの記事もご参照ください。▶友達ができない…【友達がいない、友達が欲しいときの解決方法】

 

よって、日ごろ、自分の耳に、ネガティブな言葉を入れないようにしてあげることが大切です。

あなたの心は、その言葉を聞いています。しっかりと影響を受けています。毒をまかれているのです。

なるべく、そのような言葉を入れないように、注意してあげることで、少しずつではありますが、心から毒が抜けていきます。

 

また、人との連絡手段のひとつであるラインは、毒素の強いツールです。

簡単にやり取りができてしまうため、気軽に思ったことを打ち込めてしまいます。

「これを言ったら相手を傷つけるかな」といった慎重な判断が入りにくいため、相手から毒のある発言をされやすくなります。

そこで、スマホをガラケーにし、人とのやり取りは、「電話・SMSとメールのみ」にしました。

メールであれば、送信するまでにタイムラグがありますので、ラインに比べるとかなり慎重なやり取りになります。

また、SMSはラインのような気軽さがありますが、有料である、という点で、ラインなどの無料アプリよりも慎重なやり取りにすることができます。

 

ただ、ラインは、学校や仕事先で必須のものになっていますので、やめることが難しい方も多いと思います。

相手からの毒のある発言を、すべて防ぎきることは難しいですが、友達登録を慎重にする・必要最小限のやりとりに止める等で、毒を少しでも減らしていくことができると思います。

学校では難しいですが、社会にでて、その気になれば、関わる人を自分で厳選できるようになります。

私自身、うつが改善していくにつれ、働き方を変え、関わる人を厳選しました。そうすることで、かなりの毒が減ります。

 

人との関わりあいの仕方を工夫をすることで、今まで、人とのやりとりのことで頭を悩ませていた時間が減り、心が軽くなっていきます。

 

心の疲れをとるコミュニケーションを

人とのやりとりでは、得られるものも大きいです。心の疲れをとる対処法にもなりえます。

 

人として生きている限り、人とのコミュニケーションは人生の根幹にある、と思います。

ただ、コミュニケーションというのは、本来、対面してすることです。

顔の表情、仕草、声のトーンといった複数の情報から、相手を判断しているのです。

ラインやメールだけで相手を知ろう・コミュニケーションをとろうとするから、悩んでしまうのです。

コミュニケーションを取りたい相手とは、会って話す。できるだけ会いに行く。せめて、電話で話す。

 

うつが改善すると、毒素の強い情報を、意識的に避けなくても心に影響がなくなります。

自分の心に自分で栄養を与えることができるため、どんなに毒のある情報に触れたとしても、あなたの心を守ることができるのです。

 

【心の休め方】疲れた時は毒を少なくして心を休ませる

今回のブログ記事では、心が疲れた時の原因と対処法についてまとめてきました。

 

心が疲れている状態というのは、脳が毒に支配されている状態です。

幼少期から親に言われ続けた、否定的な発言。(「あなたには難しいわよ」「こんなこともできないの」など)

学校で先生や周りの友達などから言われた、ネガティブな発言。(「黙って言うことを聞きなさい」「泣いても許されないぞ」など)

大人になってから、自ら取り入れてきてしまった+押し付けられた数々の毒のある情報。

 

これらの毒を、「見ない」「聞かない」「取り入れない」ことで、心が徐々に休まっていきます。

心がきれいに、掃除されていくのです。

 

うつを改善するために、何か特別なことをする必要はないのです。

むしろ、この「毒出し」をしていくことが必須です。

毒を減らす、なくすことが大切なのです。

 

すると、本来のあなたの感覚(好きなもの・したいこと・なりたいもの)が戻ってきます

そうなれば、うつの改善が急激に進んでいくことになります。

自分の自信がつき、自分への声かけをすることができるようになれば、これらの毒のある情報にふれたとしても、心への影響がなくなります。

是非、ご自分の心を、毒から守ってあげてください。

 

 

自信をつける に関して、

▶自信がない、不安。自分に自信をつける解決方法【自信を持つための努力をしない】

自分への声かけ に関しては、

▶【苦しい助けて】人生疲れた、うまくいかない、つまらない…死にたい【生きるのが辛いあなたへ】

 

 

小さなことでも、どんなことでも、お悩み事がありましたらお気軽にご相談ください。

▶お問い合わせ

(お問い合わせ内容が他に漏れることは決してありません。また、仮名でも問題ありません。安心して、お問い合わせください。)

 

タイトルとURLをコピーしました