ご近所トラブル、騒音、ご近所の人間関係の悩み【ご近所トラブルでのストレスを解決する方法】

心の悩み

こんにちは。

隣人の騒音でストレスが溜まっているけれど、苦情も言いづらいし、イライラするばかり…

隣人との人間関係が上手くいかず、環境を変えたいけれど、子供や家族がいて、難しい…

こんなご近所トラブルで、お悩みの方も多いと思います。

 

今回は、お問い合わせをいただいたK様より、「同じように苦しんでいる人のために」というご意向のもと、ご相談の返信内容を一部、引用して書いていきたいと思います。

(お問い合わせに伴う具体的な相談内容や、メールアドレス等の個人情報が掲載されることは一切ございません。)

スポンサーリンク

ご近所トラブルの一番の解決方法。それは、まず自分を守ってあげること。

ご近所トラブルで悩まされているあなたに、私が一番伝えたいこと。

それは、まず、第一に、ご自分を守ってあげていただきたいのです。

 

私の体験談になってしまうのですが、うつが改善していく第一歩目は、【毒を避けること】です。

毒のあるテレビは、観ないためにケーブルを捨てました。目につく毒のある広告や本、雑誌などは目に入れないようにしてきました。

ネットも毒が多すぎるため、スマホをガラケーにしました。

 

それと同様に、「人」に関しましても、毒のある人物とは思い切って、関係を切ってきました。

友人と思って10数年付き合ってきた人も、悪口や噂話ばかり話すことに気付き、一緒にいても、帰ってから、自分がとても疲れていることに気付いてからは、連絡を絶ってきました。

一番鬱病が混迷を期してきた時期には、精神科医以外とは接点がない日々を送っていたこともありました。

そのくらい、毒のある人やものを遠ざけていきました。

 

ご近所トラブルに限らず、人生において理想的な人間関係の解決方法は、「敵を作らない」ということかもしれません。

思い切って自分から挨拶をしてみる、仲良くなってしまうことが、一番自分にとって有益な手段なのかもしれません。

しかし、うつ状態の時は、そうして自分に無理をさせる「努力」よりも、「毒を減らしていく」ことが大切です。

 

子供がいて、家族がいて、仕事や学校がある…

色々な事情があると思いますが、そんな中で、まず第一に優先させてあげてほしいのが、「ご自身を守ること」です。

ご近所トラブルにおいては、引っ越しまでは家庭の事情で難しい。けれど、毎日嫌な思いをして、苦しんでいる。そんな自分を、まずは助けてあげる

今、一番苦しい思いをしているのは、ご両親やお子さん・兄弟や学校の先生、友達ではなく、あなたです。

そんなあなたのことを、まず、他の誰よりも優先して、守ってあげてください。

 

状況や周りの環境によって、出来ることと出来ないことがあるかと思います。

しかし、毎日嫌いな人間と顔を合わせて、嫌な思いを自分にさせることを、避ける方法をご自身で考えてあげていただきたいのです。

自分にとって、大切な人が苦しんでいたら。

「助けてあげたい」と思い、その手段やアドバイスを考えてあげると思うのです、手を差し伸べてあげたいですよね。

それと同じことを、ご自分にしてあげてほしい。

あなたの苦しみや、状況を一番よく知っているのは、あなた自身です。

うつ改善のファーストステップは、【毒出し】。

私も、うつで苦しんでいた時期は、引っ越しを3~4回しました。

その中には、当時アパートの二階に住んでおり、真下の住人が改造車を所有していて、毎晩毎朝うるさかった件がありました。

注意をしたら、一週間だけ車を変え、その後元の車にもどってしまったため、やむなく引っ越しをしました。

当初は「なぜ迷惑をかけられている自分が引っ越しなんて」といった悔しい気持ちもありましたが、引っ越してしまってみると、静かな環境に癒され、「改造車」事件のことは次第に薄らいでいきました。

 

そうして、生活のなかから、可能な限り徹底的に「毒」を避けていったところ、状態がかなり良くなっていきました。

それまで、鬱改善のためにいろいろなこと(精神科はもちろん、アロマセラピーや運動など)をしてきましたが、一進一退で全く進んでいる気がしなかったところ、「毒出し」を可能な限り徹底することで、かなりの進歩がみられたことを鮮明に覚えています。

うつ戻りを防ぐためにも、努力はしない。少しずつ、確実に、毒を減らしていく。

自分にとっての毒は、人それぞれですが、基準は、「自分にとって、嫌だ、と感じる人や物事」になります。

ご近所トラブルで悩まれているあなたにとって、近隣住民の方は、「毒」に当たるのではないでしょうか。

辛い日々を改善するファーストステップは、【出来るところから、少しずつ、確実に、毒を避けていくこと】が大切です。

 

うつ改善には、よく早寝早起きや運動、旅行など、いろいろなことが言われていますが、まずはそうした「(努力を)する」ことではなく、「(毒を)避ける」ことが大切です。

そうはいっても、引っ越しなどにはお金も時間もかかりますし、お子さんやご家族の事情で、簡単に環境を変えることが難しいですよね。

また、毒出しとして今の生活の中に、急激な変化を起こすことは、かえって鬱戻りを引き起こしかねません

ですので、コツは、「出来るところから、少しずつ、確実に」です。

 

私の場合は、どうしてもテレビを見てしまうことがありました。「よし、毒を避けよう」と思い、ケーブルを抜き、捨てて何日か経つと、電気屋さんに行って、結局買ってきてしまう、これを何度も繰り返しました。

しかし、徐々に、テレビの無い生活に慣れ、1年後以降は、テレビを見たい、とは全く思わなくなっておりました。

ネット依存もありましたので、同様に、スマホでは見ないがパソコンでつい、見てしまう、など、色々失敗を繰り返してきましたが、試行錯誤していくうちに、ネットも見たい情報だけを見るようになっていきました。

特に引っ越しは、後戻りができないこと・環境が変えられる(今より静かな場所を自分で選択することができる)ことから、とても効果があったと感じています。

 

あなたは、これまで、充分、苦しんでこられました。

もう、充分、頑張ってこられました。

ですので、様々な事情から、環境をすぐには変えることができないとしても、やれる範囲で、ご自分を守ってあげていただきたいのです。

小さなことからで大丈夫。

ご自身を守ってあげられる方法を、考えてあげてみませんか?

 

 

小さなことでも、どんなことでも、お悩み事がありましたらお気軽にご相談ください。

▶お問い合わせ

(お問い合わせ内容が他に漏れることは決してありません。また、仮名でも問題ありません。安心して、お問い合わせください。精一杯返信いたします。)

 

タイトルとURLをコピーしました