ついカッとなってしまうのをやめたい。後悔しないための対処法【怒りにふりまわされずに生きる方法】

心の悩み

こんにちは。

つい、イライラして、相手の言動にカッとなってしまう、怒りが抑えられないときって、ありますよね。

自分では、やめたいと思っている癖。

カッとなった後は、いつも後悔・反省をして落ち込みますよね。

それなのに、なかなかカッとなることがやめられない。ついカッとなってしまう・・・

今回は、そんな悩みを解消する方法に・カッとなったときの対処法について、ブログ記事で書きたいと思います。

スポンサーリンク

ついカッとなってしまう癖。それは、親から受け継いでしまった怒りの癖。

世の中には、ついカッとなる人と、そうはならない人がいます。

 

カッとならずに、自分の感情を冷静に話せる人。

そもそも人の言動に、怒ったりしない人もいますよね。

 

ついカッとなってしまう人は、必ずその生育環境の中で、同じように「カッとなる」タイプの人がいます

人の感情(喜び、悲み、怒り等)は、3歳~10歳の幼少期に形成されます。

その頃に、自分と深く関わってきた人の影響を受けており、

カッとなることで悩んでいるあなたは、カッとなるタイプ・性格の人が、必ずいたことになります。

例えば、親・兄弟・親戚・友達などです。

 

ついカッとなった時の対処法。「結局、自分はこの人を許すのか」

ついカッとなってしまったときの最も効果的な対処法。

それは、

カッとなったときに、すかさず「自分は、結局この人を許すのだろうか」と、自分に確認するという方法です。

 

カッとしてしまうときって、人の言動にイライラして、間髪入れずに怒ってしまうイメージがありますよね。

けれど、イライラしたあと、怒りで頭に血が上りきるまで、実際には多少の時間があると思うんです。

 

そして、大抵の場合、時間がたってしまえば、何とも思わないようなことで、カッとなってしまっていることが多いと思います。

結局、時間が経てば、許してしまえることで、カッとなり、後悔しているんです。

  • 「今すぐ」許せる場合
  • 「一時間後には」許せる場合
  • 「一日経てば」許せる場合
  • 「一か月後」、「一年後」、「三年後」、、、

結局、時間が経てば、許せる場合。

それならば、今、許してしまったほうが後悔しないで済みます。

 

カッとなった、その瞬間に、自分に聞いてあげてください。

「それって、本当に許せないことなのか?」

「結局、自分はこの人を許すのか?許さないのか?」

 

そうして、「この人を許すだろう」と思えた場合には、カッとなるのをやめましょう。

出来る限りでいいので、怒りの感情をコントロールします。

なぜなら、この場合は、時間が経てば、「またやってしまった」と自分が後悔することになるからです。

「結局は許せること」と判断できた場合は、今、許してしまいましょう。

カッとなる癖、すぐ怒る癖をやめたい気持ち、私もよくわかります。

 

カッとなるのも仕方ない?付き合いを断ち切ってみる方法も

反対に、「この人のことは絶対に許せないだろう」「何時間、何日、何か月、何年たっても、許すことはないだろう」

と思うようなことであった場合。

そんな時は、そんな人物のことは、あなたの人生からは切ってしまってください

 

あなたが、そこまで許せないと思うようなことをしてくる人物。

そんな人物に対しては、カッとなってしまって当然です。

「自分とは関係のない人だ」と思って、これ以上関わらないように努力しましょう。

あなたにとって、とても毒の強い人物です。かかわっていても、あなたの利益にはなりません。

 

カッとなる癖がなくなると、感情に振り回されない爽やかな人生。

今回のブログ記事では、怒りの爆発「カッとなって」しまう癖についてまとめました。

「ついカッとなる」怒る癖は、多くは親から受け継いだものですので、なかなか無くすことが難しいです。

しかし、ついカッとなってしまったとき、「結局許すのか」どうかを確認すると、自ずと冷静になることができます。

 

カッとなってしまう癖は、自分でも悩みのタネになりますよね。

時間が経ってから、「なんで怒ってしまったんだろう」「またやってしまった」と後悔・反省することが多いと思います。

 

しかし、この「結局この人を許すのかどうか」を考える癖を身に着けると、カッとなってしまっても、

それを相手に爆発させてしまう前に、冷静な判断が挟めますので、怒りをコントロールすることができます。

後から後悔することも少なくなります。

 

是非、相手が自分にとって「許せる相手かどうか」

ひいては「これからも付き合っていくべき相手かどうか」を判断することを癖にしていってください

 

そうして、「カッとなる癖」がなくなると、人生が爽やかなものに変化していきます。

 

感情のなかでも、特に暴発しやすい「怒り」の感情に振り回されず、

冷静に、相手に自分の気持ちを伝えることができるようになります。

 

カッとなるのをやめたい時の対処方法として、このブログ記事・サイトが、少しでも参考になれば幸いです。

 

小さなことでも、どんなことでも、お悩み事がありましたらお気軽にご相談ください。

▶お問い合わせ

(お問い合わせ内容が他に漏れることは決してありません。また、仮名でも問題ありません。安心して、お問い合わせください。)

タイトルとURLをコピーしました